ADHD40代サラリーマンのデコボコ日記

ADHDの治療を続ける今、前のことなどを語ります。時々、世の中への思いを語ります。感謝と初心の毎日です。

能力が違って当然。人それぞれ、生きてきた課題が違う。 メンヘラADHDサラリーマンの生き残り術

 

f:id:taisetunanihon:20190422210714j:plain

 

守ってくれている存在

僕はこれっていう宗教を信じてるのはなく、信仰心が薄い。ただ、神様っているような気がする。

なにかしら、守ってくれている気がしている。

 

だから、朝、簡素な仏壇に手を合わせ、夜寝る時に布団に横になり手を合わせ、「神様、仏様、ご先祖様、家族、お世話になってる人、世界の人、世界の生き物」にお礼を言っている。

 

 

嫁さんの影響

嫁さんも無宗教で信仰心は薄いが、僕と同じように、朝、仏壇に手を合わせお礼を言っている。

 

お互い、じいちゃんばあちゃんが亡くなってからするようになった。 

 

そんな嫁さんが、「魂には段階があるって」「こういう学びをしたいって選んで生まれてくる」と教えてくれた。

 

よくわからんけど、最近はなんか、その言葉がしっくりくるんだよな…

 

 

時が経つと感じてくる

 

時が経つと、いろんな疑問をもちながら、いろんな経験を積み重ねていくから、少しずつわかってくることがある

  

魂のこともそう。

 

 

人の価値は同じ

人の価値は絶対同じだと思う。当たり前のことを言うなって??

ほんとだ。

じゃあ、なんで人は能力の格差があるのかっていうと、やっぱ、現世以外に魂のいる世界があって、「俺、どんな人生にしようかな」って考えてから、スタートしてるように感じる。

 

嫁さん曰く、魂にはステージ、段階があるとのこと。

 

魂は、今度の人生では、どの段階を生き、どこまでどう成長していくかがあり、人生を終えた時、段階をクリアしてれば、次の上の段階にいくらしい。

 

大きな障害をもって生まれてくる人は、いろんな段階をクリアして、高い段階にたどりつき、挑戦している人らしい。

 

逆に、自己中心的、ごう慢だったりする人は、魂のステージは一番下の方らしい。

 

おもしろい考え方だ。僕はシックリくる

 

 

課題は人それぞれ

 

能力や外見とか、ついつい人と比較しちゃってるけど、嫁さんの言うように考えれば、人それぞれ課題は異なり、比較するのは無意味だとわかる。

 

トップアスリートが言うように、自分との闘いだ。

闘い方も人それぞれ。気負わなくていいんだ。

今の段階をマイペースに進み、一生を終えたら、次の段階がある。

 

気負わなくて、自分らしく。

 

たっぷり休んでもいい。マイペースでいい。

 

 

最後に 

人とすぐ比較してしまう僕は、これらの考えを大切にしたい。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

癒し系になるコツ? もやしADHD40代サラリーマンの生き残り術

 

 

f:id:taisetunanihon:20190421221926p:plain

マレーバク

 

要注意人物か、癒し系か 

ADHDの人は、社会的には、注意や慎重さが足りない人との印象があると思う。

どっちかというとマイナスが目立つ「要注意人物」という印象で、本人も周りもストレスが生じやすい。

 

一方、「天然」と言われる人たちもいて、「どじキャラ」として、ちょっと間違いをしても「和むわー」で周りを微笑ませていく人もいる。

どっちかというと、職場に一人はいてほしい「癒し系」といえるかもしれない。

 

僕は同じ職場で、どっちも経験している。

今の職場に来て13年経つが、初めは癒し系、途中から要注意、最近は癒し系と変化してる。

 

同じ人が、癒し系と感じたり、要注意だよコイツって感じたりするんだよね…

 

しかし、おっさんが癒し系というのも、想像すると気持ち悪いと思うが、イメージ的に言うと、そうだな…バクあたりがいいかもしれない… バクに申し訳ないかも??

 

要注意人物になったきっかけ

 

それは、平社員から主任になり、職場を引っ張る一人になったこと。

 

昇格して仕事が増えたけど、単に増えただけじゃなく、10名前後の部下の管理をし始め、把握が必要な情報が増えた変化もあった。そして上司という責任が増えた

 

事業を引っ張る立場も任され、意欲は上がったが、仕事量も増え、知らず知らずに疲れやストレスを貯めていった。

プラス、徐々に上から目線になっていったり、決めつけをしたりもした。

また油断の気持ちが大きくなっていったと思う。だから、自分の行いや言葉が丁寧さを欠いていたと思う。だから、人間関係が少しずつギクシャクしてきた。

 

そんな中起こす失敗や、誤解を招く発言の数々。

度重なってくると、ストレスや不安から余計におかしな言動をしたりする。だから周りの反応もキツくなる、っていう悪いスパイラルに入っていく。

 

あー、つらいつらい。

 

 

癒し系になったきっかけ

 

きっかけは、考え方と言動を変えて、継続していること。

そして上司にADHD を告知したこと。

 

主任から降格したり、仕事での失敗、うつ病の発症で、精神的にボロボロのボロっかすになりかけた。

 

そこで自分を振り返り、反省したり感謝したり、自分を誉めたりしながら、考え方を変えていった。

 

癒し系になったかもと思えたのは、周りのアタリが温かくなったと感じることが増えたから。

 

 

考え方や行動をどう変えたか

 

  • 誰にでも謙虚に接する
  • 一生懸命やる
  • 感謝を伝える
  • 人の嫌がることを進んでする
  • 自ら協力する
  • 極力相手の気持ちを考え、言葉を選ぶ
  • 相談する
  • 自分より人を優先する

 

これを大切にしてきた。

でも簡単ではなく、徹底してなんてできない。

 

でも、諦めずに、投げ出さずにやっている。

 

 

 

最後に

読んでくださり、ありがとうございました。

 

書評  超重要!! 虐待の根絶はデートDVの予防が大切 『デートDV予防学』伊田広行 DVとADHDとの関係

 

 

今日は、参考になった本を紹介したい。

 

 

シングル単位思考法でわかるデートDV予防学

シングル単位思考法でわかるデートDV予防学

 

 

カップル同士による暴力を予防するための、知識や考え方を学ぶ本だ。

それだけでなく、人間関係でとっても役立つ内容がのっている。 

著者の伊田広行は、DV加害者プログラム・NOVO(ノボ)運営者。デートDV予防教育ファシリテーター立命館大学等、大学非常勤講師。「ユニオンぼちぼち」執行委員。各所での有償・無償での相談活動(行政での男性相談、貧困相談、労働相談、LGBT相談、自殺関連相談等)をおこなっている。

 

 

目次

 

  1. 「恋人はこうあるべき」・・・・・その常識がDVになる
  2. 人生に役立つ「シングル単位」思考法
  3. 主流秩序から自由になろう
  4. 恋愛のトラブル「嫉妬」から考える
  5. 恋愛のトラブル「別れ」を考える

 

DVの定義

著者はDVを、「相手の『安全・自信・自由・成長』を奪うこと」と定義している。

単なる暴力だけとは違うのだ。言葉や態度で、相手の安全を奪い、自信がなくなるようなことを言い、自由を奪い、成長する機会を奪っていくことだ。

 

 

シングル単位思考法とは

著者は、カップルが、対等で非暴力であることを目指している。

 

恋人同士というのは、カップル単位」で物事を考えることが多い。

相手と自分は一心同体だから相手を叩くのは自分を叩くようなもの、愛情があるがゆえだ、という感覚があります。なので、DV的な行動も問題とは思いにくくなってしまうのです。これがカップル単位」での恋愛感覚です。

 カップル単位とは、恋人という2人の関係を1つにまとめて一心同体にしてしまい、一人の存在がなくなってしまうもの。強い方が主導権を握り、一方が相手を支配してしまう。支配された方は依存しきってしまったりする構造が生まれやすい。

 

一方、シングル単位での考え方は、恋人同士でも適度な距離を保ち、自分も相手も尊重し、自分で自分のことを決めていく考え方だ。

課題の分離

自分が相手を支配したり依存せず、相手も自分も大切にしていくためには、シングル単位の思考をしていき、その思考をするためには、「課題の分離」をしていく。

交際相手との間で起こる出来事を「これは誰の課題か」と常に考え、自分と他者の課題を分離するのです。他者の課題に手を出さず、自分は自分の課題だけに集中するという考え方です。

(中略)

たとえば、ある男性が交際相手の女性に暴力をふるったとします。女性が自分の意にそわない行動をとったため、殴ったのだと言います。そして

「暴力をふるった自分も悪かった。でも、相手の行動にも問題があった」悪いのは自分だけじゃない」

と言うとします。この言い訳は、よくあるDV加害者の感覚で、問題軽視、責任転嫁です。

このときに、加害者がDVしなくなるために必要なことは、「相手の問題は相手の課題なので、それは置いておこう」と課題を分離することです。パートナーにも問題があるかもしれません。でも、それは相手の問題です。

その相手からのある「刺激」に対して、自分がどういう態度をとるかが自分の課題です。DV加害者は、相手からの刺激に対して暴力的な対応を選択してしまった人といえます。それに対して、DVしない人になるには、非暴力的な対応を選択する人になればいいのです。

 

 

主流秩序

主流秩序とは、「世間一般のこれが幸せだよ、勝ち組だよという価値観によって人を順位付けすること」です。

学力、経済力、男らしさ女らしさ、話し上手下手、能力のあるなしなどの序列のこと。

これは、常に私たちに競争を強いていく。

そういう価値観に影響されていると、それを相手に押し付けてしまうことがある。

著者はそれもDVだとする。押し付けられて、相手が支配されてしまうからだ。

DVの被害者にも加害者にもならないためには、主流秩序にとらわれないようにすることカップル単位の考え方から離脱し、シングル単位の視点に立ち、自己肯定感を持ち、相手を信頼し、自立して自分の課題に向き合うことが必要です。

(中略)

人に左右されず本当に幸せになるためには、いつかは、従属や依存、わがままという「カップル単位的な甘え」から離脱し、自分の課題を見つけて、主流秩序にとらわれずに自信をもって自分の道に進むことが必要です。

(中略)

自分の幸せの鍵は自分で握ろう。

感想

この本を読んで、一番感じたのが、シングル単位思考法と主流秩序をしっかり知ると、デートDVの被害者・加害者になるのを予防するのはもちろん、結婚後のDV、また子供への虐待、高齢者虐待なども防いでいけることがわかった。

 

やっぱり、生きていく上で基礎となる対人関係を学ぶのは中学生になってからだと思う。その頃から、恋人と付き合うようになったりして、デートDVの課題にぶつかるようになる。

シングル単位の考え方を身につけて自分を大切にして、相手も大切にする。被害者にも加害者にもならない。そんな考え方が身につけていければ、その後に家庭内暴力や虐待などということは起きていかないと思う。

 

もちろん家庭での幼少期からの親の教育やその責任は大切だけど、社会はそこまでなかなか介入できない。

 

児童虐待件数が年間17000件を超える中、社会ができるのは、貧困をなくしていくことも大切だけど、加害者・被害者にならない考え方を身につけていくことだと思う。

 

 

ADHDは、もしかしたら、虐待の被害者や加害者になりやすい傾向があるかもしれないと僕は思う。だから余計に意識が必要だろう。

 

最後に

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

    

素直に意見を聞いて、考えて動く大切さ  もやしADHDサラリーマンの生き残り術

 

 

f:id:taisetunanihon:20190418222046j:plain

 

 

 

ADHDHは独自の考えが浮かぶ脳

 

ADHDの人は、人類の多くの定型発達の人と比べて、独自の考えを持ちやすい。

それが、定型発達の人が大多数を占める人類の中で、受け入れられたり役に立ったりすることも大いにある

 

しかし…

大切なのは、考えを活用するタイミングや、誰とどのように話し合って活用していくかのプロセスだ。

 

 

家庭で独自性はあまり役に立たない?

ただ、家庭では独自性は、あんまり役に立ったことがないように思う。

 

なぜか??

 

それは、おそらく、家庭は普通に、安全に、安心して暮らしたい場所だからだと思う。

 

結婚するまでは、カップルが、ドキドキハラハラする体験は、お互いの恋の盛り上がりにも貢献することもあると思う。

 

ただ、結婚後は、とくに子供が生まれてからは、家庭を安心できる安定した環境にすることが求められる。

 

そんな中、独自性は、敵対することになる。

 

ましてはそこに、ADHDの衝動性、不注意、多動性が加わったら、それに振り回される家族としては、とってもストレシーな環境となるだろう…

 

嫁さん、子供たち、ごめんなさい。

 

 

嫁さんのアドバイスを聞かない

 

うつになるまでは、本当に、嫁さんのアドバイスを聞かないことが多かった。

いや、嫁さんからしたら

「確かに前よりはアドバイスを聞くときもあるけど、まだまだ聞かないよ」

と言いたいだろう。

 

とにかく、アドバイスを聞かない。

 

僕目線から言うと、僕が考えたことに、ことごとく反対をしてくる嫁さん。

 

嫁さん目線から言うと、ことごとくおかしな判断をする、振り回す夫。

 

こういうことが本当に多い。

 

嫁さんは、石橋を叩いても、なかなか渡らないタイプ。

 

僕の不注意性が、その気持ちに拍車をかけているかも…

 

不安なんだろうね… 夫として本当に申し訳ない

 

 

アドバイスに素直に従うぞ!

 

家庭での目標はこれだ。

 

とにかく、家庭では嫁さんから意見やアドバイスを受けたら、とにかく立ち止まり考えるようにしている。

 

そして、僕の意見と嫁さんの意見と迷ったら、嫁さんの意見を採用することが今は多い。

 

残念なのか幸いなのかわからんけど、嫁さんの意見を採用した方が失敗しない確率が高いからだ。

 

主体性とか、独自性とか、今はどうでもいい。

 

とにかく、家族が普通に安心して、生活できることが目標だ。

 

その意識は、これからも大切にしたい。

 

 

会社ではタイミングとプロセスを大切に

 

一方会社では、独自性のアイデアが会社の業績に反映されることがよくある。

 

会社は安定だけが目標ではなく、常に社会の状況や社内環境に合わせて、勇気をもって変化していくことが会社の成長を左右する大切なことだからだ。

 

ただ、タイミングを間違えたり、相手の気持ちを考えなかったりすると、そのアイデアが形になることはない。

 

会社で大切なのは、他の同僚や上司や部下の気持ち、一緒に考えていく会議で合意して決定していくプロセスだ。

 

周りの意見にしっかり耳を傾けることが大切なのは言うまでもない。

 

独自性のあるアイデアを聞いたほかの社員が、それに感化されていいアイデアを出すこともある。

 

お互いの意見を素直に聞きあうことで、お互いのモチベーションも上がっていく。

 

それは、気の弱い僕のようなADHDサラリーマンにとって、味方をつくりながら会社で生きていく上でも、欠かせない作業だ。

 

じれったく感じることも、我慢して、とにかく仲間との関係が大事

 

イデアを形にしていくのには時間がかかる。

 

 

最後に

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

不登校のメンヘラ長女の力、ネコの力 不登校からの復活 もやしADHDサラリーマンの娘

 

 

ADHDの僕に似ている長女

 

長女は、ADHDの僕に、似ているところもある。

こんなところ↓↓

 

  • 忘れっぽい
  • 片付けない
  • めんどくさがり
  • 気が弱い
  • 慣れた相手にはズケズケ言う
  • 話をしっかり聞けない時がある

 

 

良いところもある。

 

  • 思ったことを素直に言える
  • 物事をわかりやすく端的に説明できる
  • 劣等感を感じてる妹に、普通に接している
  • 正義感がある
  • 動物に優しい目線がある
  • 節約家
  • いじめをしない

 

幼稚園の頃から、何度かいじめを受けたって言ってた。

中学二年では、クラスメイトとトラブって、集団いじめを受け不登校になった。

 

 中学卒業まで学校に行けなかったが、途中から週2回フリースクール通い始めた。

 

ただ、生活リズムはムチャクチャで、昼過ぎに起きることが多くなった。

 

 

通信制高校とサポート校

 

その後、中卒で働くと言ってたが、動物について学べる、通信制高校と高校卒業をサポートするサポート校に行きたいと言い、幸い、合格できた。

 

高校の入学式までは昼過ぎに起きることが多かったのに、入学式からは、朝起きれるようになった!! 休日は別だけど。

 

6日間、連続で学校に通えた。7日目は体調不良もあって休んだけど、体調不良になったことが悔しくて泣いていたようだ。よく頑張っていると思う。

 

一番いいのは、学校が楽しいと言っているところ。

 

やっぱり、不登校って、学校の雰囲気次第だと思う。

 

ストレス耐性が低いんだと思うけど、大丈夫。ゆっくり強くなっていけばいい。

 

人は、時間と安心できる環境があれば力を取り戻すことができる。

 

長女の復活した力に、うれしさで感動している。

 

 

ネコの力

 

不登校で苦しみ始めてから、長女がネコをとっても飼いたがった。

 

「世話できるのか?」とか、いろいろ悩んだが、飼って本当に良かった。

 

f:id:taisetunanihon:20190418220036j:plain

 

嫁さんも飼うことを躊躇していたが、ネコが来たことをとっても喜んでいる。

 

次女も喜んでいる。

 

僕もうれしい。

 

家族全員を笑顔にしてくれたこと。癒してくれてること。

 

不登校でささくれだっていた家族の間を、温かく包んでくれたネコ。

 

保護ネコ団体の人から、4万円くらいで譲ってもらった。

 

今では、この家でなくてはならない存在だ。

f:id:taisetunanihon:20190418220759j:plain

 

最後に

 

長女よ、次女よ、嫁さんよ、ネコよ、ありがとう。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

黙る力がADHDを救う!? ADHD生き残り術

 

f:id:taisetunanihon:20190417212148j:plain

 

 

ADHDは失言しやすい

 

ADHDがあると、「言わなきゃ良かった」と後悔してしまう発言をすることが、よくあるんじゃないだろうか?

 

ADHDの人が言った言葉に、言われた相手は意味がわからなかったり、イラッとしたりすることがある。

 

ADHDの人としては、相手を傷つける気はないんだけど、傷つける言葉を言ってしまうこともある。

 

話し合いや会議の時、周りの人たちが早く終わらせたいっていう気持ちを考えず、自分の関心で次々に質問して、時間を長くしてしまったり、話し合いや会議が終わるかってタイミングで質問をして、時間を延長させてウザがられることがよくあった。

 

沈黙に耐えられず、無理に話そうとして、失敗することもある。

 

 

そこで重要なのが、僕は「黙る力」だと思っている。

 

 

 

「黙る力」の意味

 

黙る力というのは、黙るには、忍耐力がいるからだ。

 

  • 沈黙に耐えられず、話しかける場合もある。
  • 疑問があり、気になって仕方ないときもある。
  • ジョークまじりで語りかけられると、ジョークまじりに言葉を返したくなる
  • グチ文句悪口を言いたくてしかたない時もある。
  • 誰かの〇〇を知り、誰かに言いたくてしかたないことも。

 

こんな時、黙っておく力がないと、後悔することが多い。

 

だから、黙っておけることが、力になる。

黙っておくのは、口で言うほど簡単じゃないけど。

 

 

黙っていられる人

 

黙っていられる人は信頼される

 「この人なら『口が堅い』から話しても大丈夫」と安心されるから。

 

状況をみてから話した方がする。周りの気持ちを考えてから話せる。

(僕は状況を見ずに話して、KY発言したり、怒らせたり、傷つけたりした)

 

相手の話を聞くことに集中できる。

(僕は、話したくて仕方がない時がよくあるから、人の話が聞けず大変だ)

 

たくさん話す人より、黙っている人の方が、しゃべった時、言葉に重みが出る。

 

噂話、文句、悪口を言わない人は、すごく信頼される

我慢しすぎは、体に悪いから、無理しない方がいいけどね。

 

愚痴を言ってくる相手には、意見やアドバイスをせず、ただ傾聴することがとっても大切。それが相手が一番求めていること

 

うまく言葉が浮かばなくても、黙って聞いておくって方法もある

 

 

僕の実践

仕事中は、とにかく、できるだけ黙っている。

 

自分の仕事で、いっぱいいっぱいなのが一番の理由だ…

 

会話してたり会議の席で、意見を言いたくてしかたない時もあるけど、できるだけ我慢している。でも話してしまうことがしばしば。

もちろん話すことは悪いことじゃないし、会議では意見を伝えることの方が必要なんだけど、自分に言いたいことが頭に浮かぶと、それにばかり頭が言って、人の話が聞けなくなる。

でも、黙る癖をつけていくと、慣れで、少しずつ黙るのが苦痛ではなくなる。

 

噂話、悪口が職場で盛り上がることがあるが、極力参加しない。

 

「口が堅い」という印象を持たれていて、愚痴を聞いてと言ってくる人がいる。

そして、愚痴を言ってくる人に対しては、心から耳を傾け、意見やアドバイスはしないようにしている。してしまうこともあるが、しないように心がけている。

 

でも、だからと言って、ADHDの人は、いつも黙っておいた方がいいよってことじゃない肝心な時に、意見、情報、考えを伝えることは大切

 

 

 

最後に

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

令和批判する朝日新聞社のようになってはいけない!! 批判するなら現実的な対案が必要 ADHDサラリーマン生き残り術    

 

 

f:id:taisetunanihon:20190416213304j:plain

 

 

令和を一斉批判する朝日新聞社

 

朝日新聞社が、アッチコッチから令和と安倍総理を絡めて批判だけしている。

 

headlines.yahoo.co.jp 

だからさ、安倍総理

ワザワザ、命令の令を選ぶわけないでしょ。

田原総一朗氏のようなツッコミ、安倍総理だって予想してるでしょ。

 

 

dot.asahi.com

 

安倍総理が令和の発表後に記者会見をしたことを、「平成の時に竹下総理はそんなことしなかった。政治ショーだ」と批判する。

 

でもさ、もし立憲民主党枝野党首が仮に総理大臣だったとして安倍総理と同じ立場として記者会見したら、朝日新聞社はきっと、「政治ショー」と批判はしないだろう。

 

安倍総理は、国民にビジョンを示しただけじゃん。

ビジョンを示すときに、効果的にしようとするのは当たり前!

 

 

 

www.msn.com

 

令和発表を戦略的に行い支持率を高くしたと批判している。

安倍総理令和の言葉の良さを伝えているだけの記者会見を「花を大きく咲かせる」と言っただけのことを、「出しゃばり」「見せびらかし」「政治利用」などと批判する。

 

そんな言葉を言った古賀氏に、「あなたこそ、自分の金稼ぎのために安倍総理を利用しまくっている」と言い返したい。

 

 

批判と理想論のみ

朝日新聞社は、単に自分たちが安倍総理嫌いに受ける記事を書きたいだけ。

だから、平気でヘイト発言を満載させる。

 

安倍総理にツッコミを入れられることを探しているだけ。

 

だって、安倍総理をほめることを一度もしたことがない。

 

マスコミや評論家は「批判することがジャーナリズムだ」とかっこつける。

 

しかし、人のいい面も見つけられないようじゃあ、人としてどうなの?

 

そして朝日新聞社が出す対案は、理想論やお花畑な内容ばかり

 

そして、日本の保守派やトランプ大統領を、「人権無視」「ヘイト」などと批判するのに、中国や北朝鮮の人権問題を絶対批判しないダブルスタンダード

 

やめろって言われても、定期的にねつ造も平気でするしね。

 

現実的な対案を出さずに批判なんて、おもちゃを買ってくれない親を罵倒する子供と同じだけど? 

 

そんな朝日新聞社反面教師にしている。

 

朝日新聞社のようになってはいけない。

 

 

批判より、現実的な対案を

 

仕事でもプライベートでも、だれかと大切なことを決めていくとき大切になるのが、現実的な対案を出すことだ。

 

批判は誰だって簡単にできる。

でも、案を考えた人は一生懸命考えてるんだ

 

大切なものごとに対して、「僕も真剣に考えてるよ」ってメッセージを相手に伝え信頼関係を強くしていくには

 

だれかと大切なことを考えるときは、

出してくれた案に納得できないなら、

現実的な対案を、一生懸命考えることが大切。

頑張って案を考えてくれた労をねぎらうことが大切。

人として

 

ADHDの人は、独創的なアイデアがうまれやすい

世の中の多くの定型の人とは違ったアイデアが浮かびやすい。

 

上のように大切なことを話し合っているときにアイデアが生まれたならば、一人よがりで持論を展開する前に、よく考えてしゃべることが大切だと思う。

 

それが、人としての礼儀でもあるかもしれない。

 

 

最後に

 

読んでくださり、ありがとうございました。